キーワード選定の重要性と選定方法を解説

キーワード選定の重要性と選定方法を解説

ブログを勉強する上で耳にすることがあると思うのがキーワード選定です。

わからない人
わからない人

・初心者にわかりやすくキーワード選定方法教えて!

・そもそもキーワード選定って大事なの?

という悩みを抱える皆様に向けて、キーワード選定の基本を紹介していきます。

若干難しい内容もあるかと思いますが、わかりやすく解説していきますので、一緒に勉強していきましょう!

ブログキーワードが大切な理由

そもそもなんでブログキーワードが重要なんでしょう。

例えば自分がネット検索する場合、yahoo!やGoogleで調べたいキーワードを入力して検索すると思います。

この入力されるキーワードが自分のブログ内にあれば、検索結果として自分のブログが表示されますよね。

適切なキーワード選定をすることで、ブログ訪問者数や認知度を高めることができるため、キーワード選定はとても重要なのです。

どんなブログキーワードを選べばいいの?

では、キーワードの選び方ですが、下記が重要なポイントになります。

  • 多くの人が検索している
  • 競争相手が少ない

多くの人が検索しているキーワードということは、それだけ自分の記事を検索してくれる可能性が出てきます。

例えば、「ブログ 書き方 副業」より「ブログ」の方が検索者が多そうなイメージないですか?

実際「ブログ」などは検索者が多いキーワードになります。

ただ、検索者が多いということは記事作成している競争相手も多くなり、競争相手が多いと自分の記事に訪れてくれる人が増えない可能性があるので、競争相手は少ない方がよいです。

だからと言って、検索者が少ないニッチなキーワード選定をすると、そもそもの検索者が少なくなってしまい、自分の記事に訪れてくれる人が増えない可能性があるんです。。。

わからない人
わからない人

いや、だいぶ難しそう。。。結局キーワード選定ってどうしたらいいの?

結論ですが、キーワード選定は自分が何について書きたい記事なのかを決めてあげて、そのキーワードの検索ボリュームを調べてあげましょう!

キーワードの検索ボリュームの確認方法

決めたキーワードについて「どれだけの人が検索しているか(検索ボリューム)を調べていきます。

検索ボリュームとは、月あたり何人が検索したのか?という指標のことです。

例えば、ブログなら10万回、キーワード選定だと1000回、キーワード選定_ブログだと100回検索されているので、ブログで検索上位をとれたらアクセス数を多数獲得できます。

ただ、検索ボリュームが多いキーワードはライバルも多いので、自分の記事が検索上位に上がりにくいです。

つまり、検索ボリュームが多いキーワードを避けつつ記事を書いていかないといけないです。

ブログキーワード選定の具体的な方法

下記手順でキーワード選定していくと良いです。

  • メインキーワードをざっくり決める
  • メインキーワードの複合キーワードを洗い出す
  • 集めたキーワードの検索ボリュームを確認する
  • メインキーワードを決定する

メインキーワードをざっくり決める

自分が書こうとしているブログのメインキーワードをざっくり決めましょう!

わからない人
わからない人

いや、だからそれが難しいんだけど。。

って声が聞こえてきそうですよね。

まずはざっくり思い付きレベルでOKですので、自分は何についての記事を書くのかと自分に問いかけ、キーワードを選んでみましょう!

メインキーワードの複合キーワードを洗い出す

次に選んだキーワードを実際に検索エンジンで検索してみましょう。

検索することでサジェスト(検索候補)を確認していきます。

「ツール」や「方法」などのサジェスト表示から、キーワード選定というワードで検索する人の検索需要が把握できます。

つまり、自分のキーワードにサジェストを織り込んで、より検索されやすいキーワードを設定することができるのです。

たる
たる

より多くの検索ユーザーに見てもらえる可能性が増えるということです

もっと細かく調べる方法としては、ラッコキーワードという便利ツールがあるので使ってみましょう!

ラッコキーワードで検索したいキーワードを検索してあげると

サジェストがたっぷり笑

自分が選んだキーワードに関連したサジェストを抽出できるので、エクセルなどに収集しておきましょう。

集めたキーワードの検索ボリュームを確認する

次に収集したキーワードの検索ボリュームを確認して、需要があるキーワードなのかを確認していきましょう。

実際にどれくらい検索されているかを把握することで、より検索される確率の高いキーワードを自分の記事に織り込むことができます。

『キーワードプランナー』を使うことで検索ボリューム数を抽出することができます。

しかも、指定キーワードだけでなく関連キーワードのボリュームもだいたい分かります!

キーワードプランナーはGoogle広告の一環機能なのでGoogle広告に費用をかけると細かなボリューム値がわかりますが、正直無料版で問題ないです。

ざっくり把握でボリュームの大小を意識する程度で良いと思ってます!

たる
たる

無料版で問題ないですよー!

メインキーワードを決定する

キーワードのボリューム感を把握したところで、ユーザーの検索意図に刺さるキーワードを絞り込んでいきます。

ユーザーの検索意図、つまりユーザーはどんな悩みを解決したいのか?について集約していくことで、検索意図を織り込んだ需要の高い記事を作成出来るからです。

例えば、この記事で書いているキーワード選定についてだと

  • キーワード選定ってどうやるの?
  • キーワード選定の必要性は?
  • キーワード選定って何をするの?
  • キーワード選定の簡単な手法やツールは?

などが考えられますが、具体的な検索意図をどうやって探すかというと

『実際にキーワードで検索してみる』

です。

わからない人
わからない人

え?

って声が聞こえてきそうですよね。

ただ、現実の検索結果が現在Googleが考える検索意図を示している、つまり検索意図への回答となるのです。

検索してみると

このように、キーワード選定で検索する検索ユーザーは

キーワード選定をやりたいので、自分で選定する方法やコツ、もしくはツールを使って選定できないか

について知りたい方が多いようです。

なので、実際に検索してみた検索意図を自分の記事に織り込むことで、自分の記事が検索上位表示されて検索流入を見込むことができます。

ロングテールキーワードから取り組もう

キーワード選定ではキーワードの種類も意識しておくと効果的です。

キーワードの種類は、大きく分けて3種類になります。

  • ビッグキーワード
  • ミドルキーワード
  • ロングテールキーワード

具体的にはこのようなイメージになります。

ビッグキーワード
月間検索数が1万回以上のキーワード。種類は少ないが競合ライバルが多く、上位表示できると検索流入は膨大になるが、検索上位は企業ドメインが多い。
例:キーワード選定
ミドルキーワード
月間検索数が500~3,000未満のキーワード。ビッグキーワードとロングテールキーワードの中間の位置づけで、検索語句2語以上が多い。
例:キーワード選定 調べ方
ロングテールキーワード
月間検索数が500未満のキーワード。3語以上の組み合わせが多い。
検索者が少なく競合ライバルが少なく、上位表示しやすい。
例:キーワード選定 調べ方 初心者

初心者はロングテールキーワードから記事作成することで、上位表示を狙ってい検索流入を増やしていきましょう!!

まとめ

キーワード選定は記事作成にとって大切な内容になります。

上位表示を狙いキーワード選定することで、多くの人に自分の記事を読んでもらえるように、しっかり選定していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA