【初心者必見】FXの確定申告をe-Taxで簡単に!

【初心者必見】FXの確定申告をe-Taxで簡単に!

※【PR】この記事には広告を含む場合があります

こんにちは。たる(@tarublog)です。

『FXの確定申告って何したらいいの?』『進め方が知りたい!』

そんな悩みをお持ちの方に、具体的に確定申告の方法を解説していこうと思います。

FXの確定申告に必要な書類

まずは確定申告に必要な書類は以下になります。

集めるのに時間がかかるので、事前にコツコツ用意しておくといいです!

  • マイナンバーカード(スマホからe-Taxをやりたい場合)
  • 給与所得の源泉徴収票(給与所得がある人)
  • FXの年間取引報告書(昨年1年間でFX取引をした人)
  • 経費を証明するもの(レシート、領収書など)

FXの確定申告手順

では、具体的に確定申告手順を説明していきますね!

まずはマイナポータルに登録

マイナポータルは24時間いつでも行政手続きが出来るサービスになります。

マイナポータルが良いのは、マイナンバーカードを読み取れるスマホなら、PCだけでなくスマホでも手続きできるのでかなり便利!登録しておいて損はないですよ。

マイナポータルをインストールしたらマイナンバーカードを読み込んで、申請処理を進めていきましょう。

確定申告書等作成コーナーで【作成開始】をクリック

国税庁HPの確定申告等作成コーナーで作成開始をクリックします。

ちなみに、国税庁HPはコチラからどうぞ!

マイナンバーカード読み取りからの処理

スマホでマイナンバーカードを読み取ります。めちゃ便利!

申告書等作成の所得税をクリックします。

連携しないで申告書等を作成

マイナポータル連携をしないで処理します。

マイナポータル連携とは

マイナポータルを経由して確定申告に必要な控除証明書等のデータを一括取得、確定申告内容に自動反映する機能のこと

マイナポータルと連携しているFX会社も増えてきていますが、連携していない会社も多いので、今回は連携しないで処理進めていきます。

申告内容に関する回答

申告者の生年月日を記載すると申告内容に関する質問が出てきます。

自分の状況に沿って正しく選択お願いします。

給与所得の入力

FX以外に給与所得が発生する業務を行っている方は、その金額を記載お願いします。

源泉徴収票の入力

源泉徴収票を紙でもらったよーって方は入力お願いします。

給与所得の入力

源泉徴収票に基づき、給与や源泉徴収金、保険料控除等を記載してください。

入力が終わったら、最下段の入力内容の確認をクリックです!

差金等決済に係る利益又は損失の額

こちらにはFXにおける収支を記載していきます。

特に忘れやすいのが、必要経費です。FXに関わる経費は漏れなく記載しておきましょう!損しますよ!!

以上で必要項目は入力完了です。『入力終了(次へ)』をクリックしてください。お疲れさまでした。

医療費控除やふるさと納税など必要に応じて一緒に申告してあげると良いです。

納付税金額が自動計算されます

上述の入力すべて終わると、税金額が自動計算されます。

計算された税金は遅れることなく納税しましょう。遅れると延滞金を上乗せで支払わないといけなくなるので!

【参考】本業に副業がバレたくない方

FX収入など副業収入を会社にバレたくない方は住民税を自分で納付しましょう。

自分で納付しなかった場合は『会社給与+FX収入』分の住民税を会社が納付します。

納付時に会社給与に対する住民税で納付するはずの会社経理が『会社給料の割に住民税高いな』と気づいた時に副業やっていることがバレるかもしれません。

まとめ

確定申告って固い雰囲気で怖いイメージを持っていた方もいたかもですが、しっかり学んだ今なら印象変わってるんじゃないでしょうか?

収入を得た分はしっかり税金を納めないといけませんが、余計な税金を払わないでいいように今回学んだ内容はしっかり理解していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA