副業解禁でサラリーマンの働き方が変わる!

副業解禁でサラリーマンの働き方が変わる!

こんばんは。たる(@tarublog)です。

書こうと思って色々と考えてみても筆が進まなかったので

それならいっそ書いてしまえ!とこの記事書き始めます。

初めて副業を考えるサラリーマンの方々にとって、副業は新たな挑戦です。しかし、副業は追加収入を得たり、スキルアップやキャリアアップの可能性を広げるなど、多くのメリットがある一方で、本業に支障をきたす可能性や余暇やプライベートの時間が減る可能性もあるため、副業を始める前には慎重な準備が必要です。

ここでは、副業を始める上での注意点や、おすすめの副業の選び方などについて解説していきます。初めての方でもわかりやすく、参考になる情報を提供します。副業で得られるメリットをしっかりと理解し、適切な副業を選んで、無理のない働き方を実現しましょう。

サラリーマンの副業が注目される理由

サラリーマンの副業が注目される理由は、現代社会において働き方改革による副業解禁や自己実現やスキルアップのための新たな挑戦の需要が高まっているためです。これらの背景には、労働環境の変化や働く人々のライフスタイルの多様化があります。

サラリーマンの現状


現代のサラリーマンは、長時間労働やストレスが原因となるメンタルヘルスの問題など、様々な課題に直面しています。日本の平均労働時間は、OECD加盟国の中でも最も長く、過労死や過労自殺なども社会問題となっています。このような状況にある中で、副業は、収入面や働き方の多様化といったメリットがあるため、注目されています。

書き方改革による副業解禁

働き方改革により、副業解禁が進んでいます。政府が2018年に策定した「働き方改革実行計画」により、多様な働き方を選択できる環境を整備することが打ち出されました。また、2020年には労働者派遣法が改正され、派遣社員にも副業が認められるようになりました。これにより、サラリーマンの副業が解禁されたことで、副業に取り組む人が増加し、注目されるようになりました。

自己実現やスキルアップのための新たな挑戦

また、サラリーマンが副業に取り組む背景には、自己実現やスキルアップのための新たな挑戦があるといえます。現代のサラリーマンは、単一の仕事に固執するよりも、複数の仕事を持つことで、自分自身のスキルアップや将来的なキャリアアップを考えています。また、副業で新たな分野に挑戦することで、自己実現を追求する人も増えています。

以下は、副業をしているサラリーマンの実例です。
・サラリーマンが趣味で始めたYouTubeチャンネルが人気となり、収益化することができた。
・サラリーマンが自分の得意分野を活かし、フリーランスとして仕事をするようになった。
・サラリーマンが本業とは異なる業界でアルバイトをして、新しいスキルを身につけるようになった。

副業は、サラリーマンにとって収入の増加やスキルアップ、自己実現などのメリットがあります。また、働き方改革によって副業解禁が進んでいるため、副業をすることが一般的になりつつあります。しかし、副業をする際には、本業との兼ね合いや法律の遵守などに十分注意する必要があります。

メリット

サラリーマン副業のメリットは下記になります。

追加収入の確保

副業により追加収入を得ることができるため、生活費や将来のための貯蓄などに役立てることができます。

日本政府の内閣府が2020年に行った調査によると、副業をしているサラリーマンのうち、約半数が追加収入を得ているという結果が出ています。また、米国においても副業の市場規模は拡大しており、2020年には約4,000億ドルという規模に達しています(Statista, 2021)。

副業で追加収入を得るための実例としては、ウェブライターやアフィリエイター、フリーランスのデザイナーやエンジニアなどが挙げられます。彼らは本業とは別の仕事を行い、それによって追加収入を得ています。

副業により追加収入を得ることができるため、生活費や将来のための貯蓄などに役立てることができます。

スキルアップやキャリアアップの可能性

副業により、新たなスキルや知識を習得し、キャリアアップにつなげることができます。

副業をしている人の多くが、新たなスキルや知識を習得し、それを本業に生かすことができています。また、副業によって得た経験やノウハウは、自己啓発や転職活動に役立つことがあります。米国においても、副業をしている人の多くが自己啓発やキャリアアップのために行っているという調査結果があります(Upwork, 2020)。

副業でスキルアップを図る実例としては、プログラミングやデザインなどのIT系スキルを身につけるための副業が挙げられます。

・ウェブサイトの制作や修正
Webデザインやプログラミングスキルを活かして、個人や企業のウェブサイトの制作や修正を行うことができます。近年は、オンライン上でのビジネスが急速に拡大しており、ウェブサイトは企業や個人のビジネスにとって非常に重要な役割を果たしています。そのため、ウェブサイト制作や修正の需要は高まっています。

・アプリ開発
スマートフォンの普及に伴い、アプリ開発の需要も高まっています。自分のアイデアを形にして、自分でアプリを開発することができます。また、クライアントからの依頼でアプリ開発を行うことも可能です。

・データ分析
ビジネスの意思決定に役立つデータ分析スキルを身につけることができます。例えば、ある企業のデータを分析し、ビジネス戦略の改善提案を行うことができます。

・コンテンツ制作
ブログやSNSなどで自分の意見や情報を発信することができます。自分の専門分野や趣味に関する情報を発信することで、それを見た人からのフォローが増え、副業だけでなく、将来的な起業のきっかけにもなる可能性があります。

IT系スキルを身につけるための副業には、ウェブサイト制作や修正、アプリ開発、データ分析、コンテンツ制作などがあります。これらの副業を通じて、スキルアップを図ることができます。また、IT業界は今後も成長が見込まれているため、これらのスキルは今後ますます需要が高まることが予想されます。

デメリット

サラリーマン副業のデメリットは下記になります。

本業の仕事に支障をきたす可能性

副業が本業に支障をきたす可能性があるため、慎重に取り組む必要があります。

副業によって本業に集中できなくなり、業務効率が下がってしまう場合があります。実際に、日本労働研究機構の調査によると、副業をしている労働者の約3割が、本業の仕事に支障をきたしたと回答しています。

たとえば、営業職で働く人が副業でECサイトを運営する場合、商品の発送や顧客対応などに時間を費やし、本業の営業活動に支障が出てしまう可能性があります。

副業をする際には、本業に影響が出ないように、副業の時間やスケジュールを慎重に考える必要があります。

余暇やプライベートの時間が減る可能性

副業によって余暇やプライベートの時間が減る可能性があるため、自己管理が必要です。

副業によって、余暇やプライベートの時間が減り、ストレスや疲れがたまってしまう場合があります。また、過剰な労働によって、過労やうつ病などの健康被害が出ることもあります。厚生労働省の調査によると、労働時間が長いほど、ストレスや健康被害のリスクが高まるとされています。

たとえば、サラリーマンが副業で夜間講座の講師をする場合、仕事や講座の準備などで残業が増え、プライベートの時間が減ってしまう可能性があります。

副業をする際には、自己管理が重要であり、過剰な労働やストレスにならないよう、副業の時間やスケジュールを適切に調整することが必要です。

税金や社会保険料など

副業をする場合には、収入に応じた税金や社会保険料の手続きや負担が増えるため、正確な計算と手続きの実施が必要です。

副業による収入は、本業の収入と合わせて考える必要があります。そのため、収入が増えることで税金や社会保険料が増加する可能性があるため、正確な計算と手続きの実施が必要となります。

例えば、副業による収入が年間20万円未満であれば、源泉徴収されないため確定申告の必要はありませんが、20万円を超える場合は源泉徴収され、確定申告が必要になります。また、副業の収入が本業の収入を上回る場合は、所得税の税率も上がるため、正確な計算が必要です。

さらに、副業を行う場合には、社会保険の加入も必要になる場合があります。例えば、自営業やフリーランスとして副業を行う場合は、国民年金の加入が必要です。また、副業が正社員として働いている場合でも、収入が一定の基準を超える場合には健康保険や厚生年金の加入が必要となります。

副業を行う場合には、収入に応じた税金や社会保険料の手続きや負担が増えるため、正確な計算と手続きの実施が必要です。また、所得税や社会保険料の支払いに加え、確定申告の手続きも必要になる場合があります。

サラリーマンにおすすめな副業

サラリーマンにとって、副業は収入源を増やすだけでなく、スキルアップや人脈作りの機会にもなります。以下では、サラリーマンにおススメの副業について、在宅ワーク、クラウドソーシング、趣味を活かした副業、ドライバー・配達員、販売員・アルバイトの順に説明します。

在宅ワーク

在宅ワークは、自宅での仕事を通じて時間的・空間的な制約を受けずに収入を得ることができるため、サラリーマンにおススメの副業です。
近年、在宅ワークの需要が高まっています。2021年に発表された『リクルートキャリア 副業に関するアンケート調査』によると、在宅ワークをすることで、本業のスキルアップにつながると回答した人が48.7%、副業での収入アップを目的にしている人が44.9%という結果が出ています。
在宅ワークの実例としては、Webデザイナーやライター、プログラマーなどの仕事があります。また、最近では、在宅でできるカスタマーサポート業務やテレワークが可能な企業も増えてきています。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、自分のスキルを活かして収入を得ることができるため、サラリーマンにおススメの副業です。
クラウドソーシングは、インターネットを通じて企業や個人から仕事を受注し、報酬を得る仕組みです。日本政府が発表した『副業・兼業に関する実態調査』によると、2021年に副業を行っている人のうち、クラウドソーシングを行っている人は11.2%でした。

クラウドソーシングの実例としては、グラフィックデザイナー、翻訳者、プログラマーなどがあります。代表的なクラウドソーシングサイトには、CrowdWorksやLancersなどがあります。

趣味を活かした副業

趣味を活かした副業は、自分の得意分野を生かして収入を得ることができるため、サラリーマンにおススメの副業です。
理由や根拠:趣味を活かした副業は、自分の興味や得意分野に関連した仕事をすることができます。『リクルートキャリア 副業に関するアンケート調査』によると、趣味を生かした副業を行っている人は29.4%いました。
趣味を活かした副業の実例としては、イラストレーターやカメラマン、パーソナルトレーナーなどがあります。

ドライバー・配達員

ドライバー・配達員は、スキルや資格を必要とせず、柔軟な時間帯で働くことができるため、サラリーマンにおススメの副業です。
配達員やドライバーの需要が高まっており、特に配達員の需要は新型コロナウイルスの影響もあり、増加傾向にあります。『日本郵便 働く人口に関するデータ』によると、郵便配達員の兼業率は16.4%であり、サラリーマンにおいても人気のある副業の一つです。
ドライバー・配達員の実例としては、UberEatsやメルカリ配送などの配達員、タクシーやバスの運転手などがあります。

販売員・アルバイト

販売員・アルバイトは、副業初心者にも取り組みやすく、時間帯や勤務日数も柔軟に選ぶことができるため、サラリーマンにおススメの副業です。
販売員・アルバイトは、スキルや経験がなくても働ける求人が多くあります。『マンパワーグループ ジャパン 副業・兼業に関する調査』によると、副業をしている人のうち、アルバイトをしている人は63.9%で最も多くの人が選ぶ副業となっています。
実例:販売員・アルバイトの実例としては、コンビニエンスストアやスーパーマーケットの店員、接客業のアルバイトなどがあります。

まとめ

サラリーマンが副業をすることが注目される理由は、働き方改革による副業解禁、自己実現やスキルアップのための新たな挑戦が挙げられます。副業をすることで得られるメリットとしては、追加収入の確保、スキルアップやキャリアアップの可能性、リスク分散ができることがあります。一方で、デメリットとしては、本業の仕事に支障をきたす可能性、余暇やプライベートの時間が減る可能性、税金や社会保険料などの手続きや負担が増える可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA